歯科医院の待合室やチェアサイドの情報配信ソリューション

TOP > お役立ちコラム > トリニオンを使って一番変わったのは、患者さんとの距離感かもしれません

トリニオンを使って一番変わったのは、患者さんとの距離感かもしれません

タグ :
待合室のモニターとチェアサイドでの説明用にトリニオンを導入しています。
特にチェアサイドではiPadをつかって手軽にアニメーションを見てもらい、重要な仕事であるインフォームドコンセントに重宝しています。

診察から、現状・治療方針の説明まで、その一つ一つをしっかりと理解してもらうことが重要だと考えていますが、患者さんにとっては初めて聞く内容であったり、イメージしづらかったりで、なかなか理解してもらえないのが現状です。特に歯ぎしりやくいしばり、マイクロスコープを使う治療など、患者さんにとってなじみのない治療ではその傾向が顕著でした。

トリニオンを導入してからは、まずは患者さまにアニメーションを見てもらうようにしています。そうすることで治療の全体像をイメージしてもらうことができ、追加の詳しい説明や話し合いがスムーズになりました。トリニオンを通じて患者さんとの距離が近づき、必要な治療に対して信頼してもらっていることを実感しています。



東京都開業
copy_blog_img09.jpg
  • LINEで送る

お電話でのお問い合わせ
こちら

phone_iphone

03-5829-8680

お気軽に
お問い合わせください